2013年12月10日

2013有線大賞を予想!いつだれが決める?法則があった?歴代は?

こんばんは^^

今日の関東は生温くて気持ち悪かったですね^^;
そんなとき、何か予期せぬことが起こりそうな。。。

と言うことで、予想しようじゃありませんか♪笑

今日あなたにお届けする情報は、
明日、12月11日(水)19:00〜21:00にある日本国民的TV行事の
日本有線大賞の情報と、
私の独自の視点から出される、高確率で的中してしまいそうな
予想
をお届けします^^笑

では、楽しんで読んでいただけたら幸いです^^
header_image_20131118.jpg
第46回有線大賞を大予想!
まずは、代表的な賞の受賞者をお教えしておきますね^^

《有線音楽優秀賞》
・AKB48
・大月みやこ
・きゃりーぱみゅぱみゅ
・JUJU
・西野カナ
・氷川きよし
・水森かおり
・山本譲二

有線でも、やっぱりAKB48がいますね^^
強い!
あ、レコード大賞候補のEXILEがいない。。。笑

レコード大賞についての記事もよかったらどうぞ^^

『日本レコード大賞2013を予想!歴代の大賞、最優秀新人賞、司会は?』

《新人賞》
・新里宏太
E696B0E9878CE5AE8FE5A4AA.jpg
・福田こうへい
fukuda.jpg

新人賞は、言葉通り新人の方なので、
少しでも皆さんに知ってもらいたいだろうと思うので、
写真を載せてみました^^笑
新人、頑張れっ♪

《特別賞》
・ KAN/「愛は勝つ」
*「愛は勝つ」は、長年に渡って日本を勇気づけてくれたということで、選ばれたようです^^

その他、各賞はこちらの公式ホームページをご覧ください♪

sate,
いや、さて、
このノミネートされている中から、2013日本有線大賞を選ぶとしたら、
やっぱりAKB?
と思ってしまう今の時代。

ただ、大賞を決める基準や審査の仕組みがわからないと、
なかなか予想は難しい
ですね^^
なので、先に「いつ誰が決める?」を書きたいと思います!

日本有線大賞は、いつだれがどうやって決める?
結論から言います。
決めるのは、最終的には評議会です。
評議会で審議される歌手を推薦するのは、運営委員会のメンバーです。

その判断基準は、前年12月第3週〜当年12月第2週までに、
各放送所(社団法人全国有線音楽放送協会傘下の)の歌謡曲放送に
リクエストが寄せられた曲目を対象として、
上位ランク(リクエストの多い順でしょう)の中から
運営委員会が総合的に判断して推薦するそうです^^

つまり、
@1年間のリクエスト数でランキングをつける。
Aそのランキング上位の歌手を、ランキング以外の総合的な要素を加味し、大賞を評議会に推薦する。
B推薦された歌手を評議会がさらに吟味して大賞を選出する。
というような流れですね^^


スポンサーリンク




第46回有線大賞を大予想!〜続編〜
では、私の予想を発表します。

。。。

赤組です。

失礼しました。

AKB48です。
「ふつ〜」とか言わないでww笑

理由は、こちらの記事に書いてあるとおりです!笑
『日本レコード大賞2013を予想!歴代の大賞、最優秀新人賞、司会は?』

社会現象を起こされたら、誰も敵いません!!笑
「恋するフォーチュンクッキー」に飽きているあなたのために、
今回新人賞を受賞された、新里宏太さんの「HANDS UP!」をプレゼントします♪
ワンピースのオープニングバージョンで、どうぞ!


大賞には法則があった?歴代グランプリは?
では、最後にいつものあれ、やっときますね^^

【歴代受賞者(2000年以降)】
第33回 2000年 小柳ゆき  「愛情」/「be alive」
第34回 2001年 浜崎あゆみ 「Dearest」
第35回 2002年 浜崎あゆみ 「Voyage」
第36回 2003年 氷川きよし 「白雲の城」
第37回 2004年 氷川きよし 「番場の忠太郎」
第38回 2005年 氷川きよし 「面影の都」
第39回 2006年 倖田來未 「夢のうた」
第40回 2007年 氷川きよし 「きよしのソーラン節」
第41回 2008年 EXILE   「Ti Amo」
第42回 2009年 氷川きよし 「ときめきのルンバ」
第43回 2010年 氷川きよし 「虹色のバイヨン」
第44回 2011年 ふくい舞 「いくたびの櫻」
第45回 2012年 氷川きよし 「櫻」

こちらを見て気づかれましたか?
そう、レコード大賞では、圧倒的な勢力を誇っていたのは、AKB48とEXILEでしたが、
有線大賞は、氷川きよしなんです。
なんと、過去13回中7回大賞
打率は5割3分8厘です。
2回に1回は受賞
そして、今年のノミネート歌手を見てみると、、、

います。

ここで、今年も氷川きよしがグランプリを取って、
打率を5割7分1厘にあげるのか!?
それとも、2000年に大賞に選ばれている「小柳ゆき」でサンドイッチか?(ありえない。笑)
はたまた、新しい風としてやはりAKBなのか!?

今のところ、「日本有線大賞は「氷川きよし」の舞台である」という法則に則っています。

私の本命予想は、AKB48です。
しかし、破天荒な展開を期待するのであれば、
グランプリは、、、、



そう、愛が勝つ!!!!
2010060401.jpg

以上!

※最高のフィナーレだったので、お決まりの【まとめ】は今日はなしです!
スポンサーリンク
【国民的イベントの最新記事】
posted by yusukey at 21:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国民的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「今年も氷川きよしがグランプリを取って、
打率を5割7分1厘にあげるのか!?」が現実になってしまった!!笑

第46回日本有線大賞グランプリは、『氷川きよし』に決まりました^^
Posted by 管理人 at 2013年12月11日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382373752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。